カテゴリ:からだのこと( 9 )

体のこえ

c0161496_22164632.jpg

子供のころから変わらずに、年に1~2回高熱を出します。
ただ高熱を1日出して終わり。
咳も、鼻水もなく喉もその時だけ痛くて熱が下がるとなくなります。

風邪というのか。

自分の体なので、何となくこの高熱がやってくるのがわかります。
そんな時には風邪薬は飲まずにじっと熱が出切ってしまうのを待つんです。

そして夜中にびっくりするくらいの高熱になり、朝にはすっきり。
私は慣れているのでびっくりしませんが、前の主人は体温計をみて彼がくらくらしそうだったみたい。

何か悪いものがたまっていたりとか、どうしても体を休めなきゃならないときに。
体が意図的にこうして熱を出すんだと思います。

その高熱が昨日やってきました。

仕事があり熱がありながらやばいな~なんてレッスンしていましたがさすがに夜に入っていた仕事は途中で交代してもらい帰宅。
39度だと私は動けちゃうんですよね。
熱に強いというのか・・・

帰ってすりおろしたリンゴと生姜にスライスレモンと蜂蜜をくつくつ煮た特製ドリンク(というにはドロドロしすぎてますが)を飲んでお布団に。
いやいや、すごい熱が上がってくのがわかる。

さすがに熱が高くなると、心細くなってiphone抱えてました 笑
facebookでみんなが心配してくれてるのがありがたかったな~。
朦朧としながらもみてたみたい。

そして朝起きたらスッキリ。

なんだか悪いものがぜーんぶ体から出たみたいになる。

熱が出るのは辛いけど、このすっきり感は熱がでないと味わえないんですよね。

体のサイクルというか、脱皮みたいなもの。

なので、熱が出そうになると、ちょっとワクワクします。
[PR]
by nepayoga | 2011-11-29 22:16 | からだのこと

温める

c0161496_1518399.jpg

急に寒くなってきましたね。
私は冷え症というわけではないけれど、体調管理のために体を冷やさないように気をつけています。

夏でも、レッグウォーマーを持ち歩いたり。
少し寒くなってからは、腹巻を欠かしません。
子供のころにヘルニアになって、坐骨神経痛が残っているため、とくに腰回りを冷やすのは禁物。
寒くなる前から冷えないようにと対策してここ何年かは、ひどい痛みは出なくなりました。

温めるというよりも、
保温するといった感じかな。

でもやっぱり仕事で冷えてしまった時や、肩こりになったときに最近気にいって使っているのは、画像のホットパック。
スウェーデンの伝統的な自然療法にも用いられている、有機栽培の麦の入ったピロー。
腰や肩に適度な大きさと重さで、じんわりと温かさが広がって気持ちいい。
お布団に入れて湯たんぽ代わりにもなるし、冷やしても使える優れ物。

やっぱり温めるって大切ですね。

指の怪我も最近痛いなと思っていたら、冷えて血液循環が悪くなってたみたい。
手袋したり、お湯で温めたり、しっかりマッサージしていたら痛みもだいぶ和らいできました。

寒さが苦手な私。
これから寒い季節、お気に入りのぬくぬくグッズで乗り切ります。

夜は湯たんぽより優れ物の、チョコとピークもいるしね...
[PR]
by nepayoga | 2011-11-16 15:44 | からだのこと

必要性って大事

c0161496_9243643.jpg

アロマが好き。
実はアロマテラピーアドバイザーの資格も持っています。

でもお恥ずかしながら、お風呂にいれたり、ディフューザーやポットで香りを楽しんでリラックス効果を得る位で、香り重視で使う事が多かったな。

今回の怪我を機に、アロマの効果をもっと知って取り入れるようになりました。

香りの好き嫌いも大切だけど、オイルにはそれぞれ効果があります。

試験の時にも覚えたけれど、忘れている事も沢山。
今は症状や効果から精油を調べて使っているから、きちんと知識として自分に入って来ます。

私の傷の回復が驚くほど速いのも、もしかしたらティートリーのお風呂とマッサージのおかげかも。
また一週間後に手術(今回はちょっと難しい手術で入院します)なのでティートリーのオイルをお風呂の入れて沐浴します。

今日は暖かいですね。
春一番が吹くとか。。。

春に向かって体も目覚めて行きます。
細胞も活性化してきて早く治るといいな。

覚書の為に
特に今回活躍してくれる精油

☆ティートリー
リフレッシュ効果があるので、気分転換の時には最適。
疫機能を強化し、白血球を活性化させるので、あらゆる感染症に効果がある。
(例:風邪、強力な殺菌消毒効果があり、毒素を汗として排出する)
手術前に沐浴やマッサージの方法で使用しておくと、体を強化し、術後のショックを減少させ回復を早める。病気に対して回復力の遅い人や繰り返しかかる人には特におすすめ。
また疱疹、水虫、たむしにも効果がある。特に、細菌、真菌、ウイルスのこれらすべてによる感染症に有効で、体の免疫機能を刺激し、回復させてくれる。

☆ローズマリー
疲労している時や、無気力に効果があり、気分を元気づけ、心を強化してくれる。
筋肉痛、痛風、リウマチ痛などを和らげ、肝臓、胆のう、消化器官にも、よい効果を発揮!
水分が滞留したむくみや肥満を改善する効果もある。
寝起きが悪く、朝不機嫌な人にも効果的。
そして血行を促す作用があるため、肩こりのや筋肉痛のときにも、マッサージや温湿布、入浴や足浴で使える。但し、刺激が強いので、少量づつ使用するよう注意!
また血圧を上げる効果もあるので、高血圧の人は使用しないようにしましょう。

☆カモミール
不安、怒り、緊張、恐怖、ショック、トラウマなどに大変役立つ。
心を鎮静させ、不眠症にも効果があるので、リラクゼーションには欠かせない精油。
カモミールは、心を落ち着かせる効果に非常にすぐれた精油です。
鈍い、長引くような痛みやかゆみ全般に効果がある。 月経の周期を整え、月経の障害(緊張、生理痛)を和らげる効果もある。
カモミールは、リラックスの代表。(最高のリラックスブレンドは、カモミール+ラベンダー)
ジャーマンとローマンの使い分けは・・・消炎目的ならジャーマン、リラックスなら好みの方でよい。
精神的な痛みに←→肉体的な痛みにはローズマリー
にぶい痛みに←→鋭い痛みにはラベンダー
皮膚のトラブルには、カモミールかラベンダー。
[PR]
by nepayoga | 2011-02-25 08:54 | からだのこと

植物の力

c0161496_101140100.jpg

ハンドクリーム代わりに使っている、ヒーリングハーブスのファイブフラワークリーム。

フラワーレメディのエッセンス、チェリープラム、クレマチス、インパチェンス、ロックローズ、スターオブベツレヘムの5種類を配合したものはレスキューレメディと言われています。
緊急の場合や事故の時、ストレスを感じるどんな状況に対しても使えるエッセンス。

その5つのエッセンスに浄化作用のあるクラブアップルも加え、アーモンドオイルをベースに作られたクリーム。
レスキュークリーム。

レメディは飲んだり、タブレットで食べるのが主流ですが、持ち歩けてすぐにつけられるので便利。

外用で肌にもいいですが、もともとのレスキューレメディのストレスを緩和させる働きがあります。
ストレスが有るときにこめかみや耳たぶなどに塗っても良いみたい。

何となくですが、手に塗ると手術の痛みも和らぐ感じ。
湿疹や肌荒れ、軽い傷、ニキビなどの肌トラブルにも効果があり唇にも使用可。

いつもバックに入れて持ち歩いている万能クリーム。

気持ちの問題かもしれませんが、自分が効くと思えば効果は有ると思うのです。

私は自然の力に癒される方が好き。
ケミカルな薬は飲まなきゃいけない時には飲みますが、風邪など軽い症状の時は出来るだけ飲みません。
私の場合、気分的に落ち込んで逆効果なんです。
根っからの野性児なので。。。。
[PR]
by nepayoga | 2011-02-23 10:11 | からだのこと

足湯

c0161496_13412450.jpg

お風呂に入れないので、足湯をしています。

足湯用の発砲スチロールの桶が大活躍。
下に植木鉢を移動する為の転がせる台を置いているから動かすのも楽チン。

アロマオイルや、ハーブを煮出していれ、ブランケットを足湯を覆うようにかけると下半身ポカポカ。

昼間から足湯しながら読書。

優雅な時間を過ごしてます。
[PR]
by nepayoga | 2011-02-21 13:32 | からだのこと

こんな時には

c0161496_1442539.jpg

午前中の診察からもどり、家でのんびり過ごしてます。
こういう時には休むのが一番。
カモミールティーでリラックス。
カモミールティーには鎮静作用はもちろん、鎮痛作用、消炎作用もあり今の私にぴったり。

薬もしっかり飲んでいますが、出来るだけ自然な療法も取り入れ、治癒に向けて行きたいな。
[PR]
by nepayoga | 2011-02-16 14:27 | からだのこと

新しい私に。。。

c0161496_10171559.jpg

これから手術に向かいます。
ちょっとドキドキですが、大丈夫。
と自分に言い聞かせてみる。

実は非常に小心者。

右手の写真って探してみたら以外とないのね。

この手とはさよならだけど、新しい世界が待ってる気がします。
[PR]
by nepayoga | 2011-02-15 10:11 | からだのこと

アルガンオイル

c0161496_2346316.jpg

最近、美容オイルとして注目されているアルガンオイル。
化粧品用の肌につけるものもありますが、私は食用のオイルを購入。
食用にもローストとノンローストがあり、こちらのノンローストは肌にもOK。

朝にこのオイルを頂きます。
そのままスプーンで飲んでも良いのですが、朝はパン派なのでオリーブオイルの代わりにアルガンオイルに塩を少しいれ、パンにつけて食べています。
なかなか美味しくて習慣になりそう。

アルガンオイルは悪玉コレステロールの抑制効果が期待されるオレイン酸と血行促進、老化防止の効果のあるビタミンEを多く含んだオイル。

今は飲んでいますが、傷跡を薄くする効果など肌にもいいので傷が治ったら手のマッサージにも使用する予定です。

明日はついに手術。
頑張ってきま〜す。
[PR]
by nepayoga | 2011-02-14 23:31 | からだのこと

亜麻仁油

c0161496_1837978.jpg

体の内側から強くして、自然治癒力を高めたいと思い、身体に良い食品などを積極的に取り入れています。

もともと、食事には気を付けていて基本は玄米と野菜中心の食事。
家で作る野菜ジュースと青汁は欠かさずに飲んでいます。

それにプラスして、朝晩大さじ1杯づつ油を二種類摂取する事にしました。

その一つが亜麻仁油。

亜麻仁油には体に大切な必須脂肪酸(オメガ3)が多く含まれています。
このオメガ3は体で合成することができ無いので、食べ物から摂取するしかありません。

血管病、癌、糖尿病その他たくさんの体調不良を直したり予防する可能性があり、皮膚のつやがよくなり、活力がみなぎると言われています。
脂肪酸(オメガ3)の欠乏が広範囲にわたる病気の原因とされていて、事実、オメガ3のような必須脂肪酸が新陳代謝を調整するホルモンを形成していることが発見されたそうです。

自然治癒力も高まるはず。

傷が治って行くのも、新陳代謝ですからね。

皮膚のツヤも良くなるなんて、傷か完治する頃にはお肌ツルツルになるかも。
そんな、治療以外の効果も期待しつつ、飲み続けてみますね。

こちらは夜に一杯、そのまま飲んでますが、
味は、、、油だからそのままだと美味しくは無いけれど、慣れてきました。

朝に飲むオイルはまた後日ご紹介します。
[PR]
by nepayoga | 2011-02-12 15:54 | からだのこと