柔軟性について

c0161496_19214812.jpg

良く体が硬くてもヨガ出来ますか?
というご質問を多く頂きます。

答えは
「出来ます!!」

別に誰かに見せるわけでも、誰かと比べるわけでもないので、綺麗にポーズがとれる必要は有りません。
人それぞれ体は違うので、同じポーズをとっても気持ち良いいと思うポーズの深さはさまざまです。
ヨガでいうアサナ(ポーズ)は心と体を結ぶ一つのやり方に過ぎません。
あまり見た目にこだわらず、自分が気持ちよければそれで良い。
そのくらい自分中心でリラックスしてやりましょう。

気持ちがほぐれてくると、体もほぐれてきます。


こんなこと書いてる私ですが
本日「インストラクターのための柔軟性アップのみに焦点をしぼったワークショップ」のプライベートレッスンを受けてきました。

私は人様に教えて、見られる立場なのでやはり柔軟性は欲しいのです。

そして久しぶりに、すごく尊敬できる先生に出逢いました。
studio MOVEの八田先生

考え方、指導の仕方、人柄全てにおいてとてもステキな先生でした。
そして見た目もキュート。←私より年上なのにこんな言い方で良いのかしら?

毎日体を動かしてある程度まで柔らかくなってもなかなかそこから進めなかった柔軟。
壁にぶち当たっていたのですが、今日ぱっと未来が開かれた感じです。

自分の体がこんなに柔らかくなるなんて思ってもいませんでした。

普段まったく出来ないポーズが完成とまではいきませんが、それに近づいているイメージが出来て、今まで痛くて嫌だなと思っていた気持ちもなくなりました。

ポーズをとるに至る、体の中の動きや意識など丁寧に指導してくださったおかげで、頭できちんと理解でき、イメージ通り体が動く楽しさを味わってきました。

普段もレッスンをされているそうなので、こまめに通おうと思います。

こうして、他の先生のレッスンに通うのも勉強ですね。

良いと思うことは吸収して、私も生徒さんに伝えて行けたらと思っています。

私は体が非常に硬かったので、硬い方の気持ちが解るのが私の売りですかね。
そんな私もこんなになりました。

画像はまったく出来なかった「鳩のポーズ」
今日ちょっとだけ出来るようになって嬉しくて撮っちゃいました。
まだまだポーズとしては未完成ですが。。。

ホントは足先に頭が付くんですよ。
[PR]
by nepayoga | 2008-07-30 20:13 | yoga
<< 日焼けですか? リサイクル? >>