お裾分け

c0161496_7253591.jpg

実家の方はまだまだ田舎。
お裾分けの文化が未だにあり、近所でいただいたおかずが食卓に並ぶ事が多い。

多く作って、ご近所にお裾分け。

ごく当たり前だと思って育った。

でも学生になり一人暮らしを始めて、それが当たり前ではない事を知りました。

実家を離れて、かれこれもう人生の半分に近づいていますが、お裾分けの精神は私の中にずっとある。

歳を重ねるごとに、それは強くなっているかな。

秋は収穫の季節。

友人やお世話になっている方に毎年、新米や実ものをお福分け。

そうすると物々交換のように、私も美味しい物を頂きます。

お誕生日が同じフードコーディネーターのhacoちゃんからは画像のジャム。
私の大好きなルバーブ。
私のルバーブ好きを覚えていてくれて、貴重なルバーブをジャムにして分けてくれるの。

こうして美味しい物で繋がる関係って、素敵だと思う。

美味しい物は、笑顔も運んでくれるから。

幸せも連鎖。
[PR]
by nepayoga | 2011-10-05 07:05 | ひとりごと
<< 秋のかおり 月見ヨガ&LIVE そして繋がり >>