月より団子

c0161496_18173162.jpg

今日は中秋の名月ですね。
今夜は綺麗にお月様が見えそう。

子供の頃から、団子とススキと里芋の変わりにけんちん汁を縁側に供えるのが当たり前だったから、今でも当たり前に団子とけんちん汁を作ります。

小さい頃からの習慣はいい意味で抜けなくて、何かお供えする行事は時間があれば今でも作ります。

食べる事が好きだから、今日は○○の日だから、○○が食べられる〜という感じなんですけどね。

いつでも作れば食べられる物なんだけれど、行事に食べると特別に美味しく感じるし、季節の移ろいを感じます。

そして、十五夜に団子をこねこねしていると毎年必ず、清里で暮らしていた頃を思い出します。
わたしの人生で清里で過ごした時間は特別に色濃い思い出。

あの綺麗な星空が懐かしい。

清里で一緒に過ごした仲間達に久しぶりに一斉メールを送りました。
きっと今夜はみんな月を見上げるはず。
離れていても月はひとつ。
みんなおんなじ空をみてるんだね。
[PR]
by nepayoga | 2011-09-12 18:00 | ひとりごと
<< 森に還ろう 天然氷 >>