月光浴

c0161496_9503178.jpg

今朝方は月との距離が最短になって、1番大きな満月エクストラスーパームーンになりました。
19年振りで、1番小さな月(距離が離れている)から比べると、14%大きく、30%明るいそうです。

どうりで夜なのに影がクッキリ。

街も節電でいつもより暗いから、ますます月の光が明るく感じました。

あまりに綺麗だったから、昨日の夜は月を見上げて少し夜更かし。

テラスのテーブルでランタンにキャンドルを灯して、手紙を書きました。

きっと電気がない時代は、この明るさが当たり前だったんですよね。
どんどん便利になって行く世界。
それが当たり前と思い生活していた私たち。

原発だって、人間が電力を使うため、人間がつくった。

これからより良い世界になるために、真剣に考える時期だとおもう。

失ってしまったものは大きいけれど、もっと豊で素晴らしい世界をまた作ろう!!

昨夜、日本列島を照らしていた月を見上げた人の多かったこと。
Twitterのつぶやきがそれを物語っていました。
同じ空を見上げて繋がっている感覚。

空は繋がっている。
だから世界は繋がっている。

日本が、いや地球がひとつになって乗り越えよう。

ブログをみたヨガの生徒さんが教えてくれた歌。
私の想いそのもの。

SIO 「満月」
http://www.youtube.com/user/sioutakai#p/a/u/0/3tbvxbdxAUs
[PR]
by nepayoga | 2011-03-20 09:17 | ひとりごと
<< それでも春は来る 急募! >>