希望

c0161496_8553565.jpg

東京ではまだ余震もあり、原発の心配もありますが少しずつ日常に戻りつつあります。
計画停電や電車の運行で不便に思う事もありますが、被災地の方々を思うとそんなこと大したことじゃない。

我が家は停電地域では無いですが、出来るだけ節電を心がけ生活しています。
節電をして夜はできるだけキャンドルで生活していますが、たまにつけた廊下一つの電気がとても明るくそれだけでほとんどの作業が出来ます。
明るいうちに自然光で出来る事はする。
いままでどれだけ無駄な電気を使っていたのかと気づかされました。

バラバラだった家族も、この停電で一つの部屋で過ごす機会にもなっているのかとも思います。
計画停電、節電がもたらした事はマイナスではなく、本来の人間の営みに戻れという事ではないのかな?と感じます。

ラジオから流れてくる音楽やメッセージも心に響いてきます。
TVをつけていると残酷な映像が何度も繰り返されみていられない。
もう震災の事は分かったから、もっと有意義な放送をして欲しい。。。

被災地では悲しい知らせも沢山ありますが、その中で新しい命が生まれたり、救出された人もいます。

いま被災地で生きている人たちはもちろん、震災に合わなかった人の命は希望。
この震災に寄せられた佐野元春さんの詩が心に響きました。
佐野元春さんのオフィシャルサイト

被災地の希望がひとつでも多く光を放つように、その光が消えないように。

被災地に行けない私たちに出来ること
節電
義援金
祈り

なのに東京のスーパーは混乱
今は輸送状況で遅れが出ているいるだけで、そんなに買いこまなくてもね。
被災地は少しの食べ物をみんなで分け合って命をつないでいるのに。。。

冷静に、情報に耳を傾けよう。

こんな時こそ、助け合いと冷静さが必要。

私は今日から徐々にレッスンがスタートします。
昼間は自然光で行うつもり。

この震災で東京に住む人も不安でストレスがあります。
それをレッスンという形で集まって、みんなで分かち合うことで解消されたらいい。
そしてストレスで固まった心と体をほぐそう。

それが私にできることだと思うから。

震災とともに経済も心配ですね。
経済が低迷したら復興にも影響があるとおもいます。

だから影響のない地域の方は、後ろめたさではなく、義援金や経済活動を通して貢献して欲しいと思います。
被災地で作られた物を買うとかね。

皆でこの災害を乗り越えましょう!!
日本だけでなく、祈りは世界から寄せられています。

知人のブログで紹介されていたブログ
http://nyliberty.exblog.jp/

サッカーの海外リーグでも横断幕や黙祷が捧げられているそうです。
c0161496_11303333.jpg


海外で活躍する選手たちからも沢山のエール
http://number.bunshun.jp/articles/-/97245

みんなそれぞれのフィールドで頑張ってる。

私は私のフィールドでやる事をする。
[PR]
by nepayoga | 2011-03-16 09:44 | ひとりごと
<< チャリティーノルディックウォー... 言葉は届かなくても、光は届きま... >>