雪だ~

c0161496_9393088.jpg

朝から雪が降りしきっている東京。
積もるのかしら?

アスファルトに落ちては消えてゆく雪はなんだか儚い。

少し積もって欲しい気もしますが、雪に成れない東京は交通機関が乱れそう。

白銀の世界が好き。

子供の頃はもっと雪が降ったな~。

雪の降った次の日、朝起きると積もった雪が太陽に照らされてキラキラしているのを見るとワクワクした。

そして、まだ真っ白な雪の上に足跡をつけて歩く。

私の痕跡。

足跡では物足りず人型を作りたくて、雪にぱたんとダイブして顔が痛かったな。。。

特に雪国生まれではないのだけれど、雪が降った日はなんだか子供の頃を思い出す。
我が家の居間は雪見障子だったので障子を上げて、炬燵でヌクヌクしながら雪を眺めた印象が強いのかな。

今でも実家には雪見障子と炬燵があります。
こんな日は、あの炬燵で雪が降るのを眺めたい。

今思うと雪見障子は何とも風情が有る物でしょう。
昔はその景色が当り前だと思っていましたが、無い環境にいると、無性にあの障子の枠から眺める絵画の様な景色が愛おしくなります。

いま当たり前の事も、本当はとてもありがたい事。

失わないとそれに気がつくのは難しい。
[PR]
by nepayoga | 2011-02-11 09:58 | ひとりごと
<< 亜麻仁油 ご報告 >>