心の栄養

今日は午前中に、国立競技場でノルディックウォーキングのイベントを開催。
一年に一度の大きなイベントで、昨年から私もお手伝いさせて頂いています。
昨年よりも、知っている顔が増えて、挨拶に忙しいくらい。
この一年NWを通して出会った人たちがそれだけたくさんいると言う事を実感。
細々とだけれど、地道にレッスンやイベントを続けてきた成果がそこにあるような気がして嬉しくなりました。

そして
イベントが終わってからは、とても楽しみにしていたコンサートへ。
c0161496_224553100.jpg

三味線プレイヤー上妻宏光さんのソロデビュー10周年特別コンサート~伝統と革新~
知人からお誘いを受けるまで、実は上妻さんの事は存じ上げませんでした。
綾戸智恵、志村けん、夏川りみ、藤原道山、村治佳織というスペシャルゲストにつられて行ったのですが、コンサートが終わるころにはすっかり上妻さんファンになりました。
演奏もさることながら、お姿もいい。
一部は古典の三味線の曲、二部はゲストを迎えての現代的な曲。
古典は魂を揺さぶられるようだし、自身が作曲した曲やアレンジは古典的なメロディを加えながらもとても聞きやすく楽しませてくれました。
あの独特の三味線の音に魂がゆすぶられる感じがするのはやはり私の中に流れている日本人のDNAなのかな。

ゲストとのセッションもとても良かった~。
トークも面白かったし。

志村けんさんがあんなに三味線が上手いなんてびっくり。

そして、さすが綾戸智恵さんはトークも演奏もパワフル。

藤原道山さんの尺八ははじめて聞いたのですが、体中から音を出してるのが伝わってきて感動。

夏川りみさんとは、涙そうそうを沖縄の三線から津軽の三味線にかえて。
夏川りみさんの声は本当にやさしくて、広がりがあって聞いていて気持ちがいい。
どうして涙そうそうって聞くだけであんなに涙がこぼれそうになるのかしら。。。

村治佳織さんとは、和と洋の弦楽器のオリジナル曲。
同じ和や洋同士の楽器だと音同士が馴染むのですが、馴染み過ぎない距離間のある音のハーモニーが素敵でした。
弦楽器で弾き方が似ているので違和感なく溶け込む感じ。

ゲストも沢山で、すごーく充実したコンサート。
たまには、生音を聴いて心にも栄養を。

今日はイベント盛り沢山で休日を満喫。
[PR]
by nepayoga | 2010-11-23 23:10 | 他愛のない日々
<< 写真展 泊まれる展示LLOVE@代官山 >>