LOVE OF SEVEN DOOLS

c0161496_8382693.png

昨日の夜は久しぶりに、知り合いがプロデューサーをしている音楽座のミュージカルを観て来ました。

「LOVE OF SEVEN DOOLS 七つの人形の恋物語」
「わたしの中の、わたしを見つける」 ――“いま”を生きる全ての人に伝えたい、大人のファンタジー

ポールギャリコの原作は、心理学の研究には必ず用いられる作品らしく。
精神科医 香山リカさんもコメントをだしております。
ちょうどヨガ療法士の課題で香山リカさんの「多重化するリアル」という本を読んでいたので、本とリンクするところもあり、自分とリンクするところもあり考えさせられる作品でした。

やっぱり生で舞台を観るとパワーを感じて良い刺激を受けます。

観劇の後は、ベトナム料理で野菜をいっぱい食べて心もお腹も満タン。
[PR]
by nepayoga | 2010-08-07 08:38 | 携帯より
<< 夏の花 暑い日の思い出 >>