見え方、捉え方の違い

c0161496_8291060.jpg

私がヨガのレッスンがある日に身につけているペンダント。
サンスクリット語のom(オーム)という単一文字です。

omは聖音で、すべての始まり、宇宙の根源の音と言われ最大のマントラとして、ヨガで唱えられる事が多いです。

このomという文字は、英語でAUMと記される事もあり、
Aは創造者としての神 ヴィシュヌ
Uは守護者としての神 シヴァ
Mは変革者としての神 ブラフマー
を意味していて。

創造、維持、そして破壊(解放)。
その3つのエネルギーこそが、宇宙の根源のエネルギーと考えられていま
す。

このペンダントを見た若いスタッフが、
「3つって何?」と言ってきて、私には質問の意味がまったく???だったんですが。
彼には
「3つ という文字の上に鳥が飛んでいる」ように見えると。

ヨガの事も、ましてサンスクリット語なんてまったく縁の無い彼の純粋な意見は、私にはとても新鮮でした。

そして、意味自体はそう遠く無いから不思議。
三神一体の3に、最後の解放を意味する鳥そんな感じかな。

意味が伝わった事。
それはこの文字自体の存在のパワーなのか、彼の純粋さなのかわかりませ
んが、なんだかとても神秘的な出来事に感じました。

ヨガの事以外にも、しばしば私には無い面白い発想をするので刺激を受けることも多い。

私の周りは最近面白い人が多くて飽きません。
[PR]
by nepayoga | 2010-05-08 08:29 | yoga
<< さようなら 写真展 >>