朝のひととき

c0161496_1084043.jpg

朝少しだけ早起きしてまだ薄暗い空が、徐々に赤く焼けるように明けてくる瞬間を、キッチンのカウンターから眺めるのが最近の楽しみ。

キッチンで簡単なお弁当を作ってから、彼が起きるのに合わせてミルで豆をひいて、丁寧に珈琲を淹れるのが朝の決まった流れ。

大好きな珈琲の香りに包まれた朝は幸せな気持ちで一日をはじめる儀式のようです。

ちょっとだけ朝の慌しさを忘れてひといき。

今日の珈琲は、焙煎工房の店主と社長が大絶賛した豆。
豆も美しくて挽くのがもったいないくらい。
香りも味も私の好みです。
[PR]
by nepayoga | 2010-01-26 10:08 | 携帯より
<< 覚えていてくれる幸せ みかん >>