チベット展

c0161496_15163455.jpg

上野の森美術館で開催されているチベット展に行ってきました。

ずっと行こうと思いながら、気がついたら年の瀬の忙しい時期になってしまいましたが、そのお陰で少し空いていて、ゆっくりと見ることができました。

ヨガも仏教とは深い繋がりがあり、最近ちょうど仏教やタントラ、密教の話を聞いたばかりで、こうしてリンクするように導かれたんでしょうかね。

仏教は使われている宝石や細かい細工がどれも美しくて見入ってしまいました。
特に、十一面千手千眼観音菩薩立像(千手観音)は見ごたえがあって、皆さんぐるっと色々な方向から眺めていました。

私はやはり密教といったら、父母仏立像がまさに象徴のようで好きです。

ダーキニー立像も美しく、女性の性を表しているようで目を奪われました。

そして今更ですが、私は穏やかな顔よりも、力強い顔が好きだと気がついたのです。

美術館を後にして、せっかくなので上野公園をふらふら散歩しながら、公園内にある神社とお寺を回ってきました。
最近の私の趣味の一つ、御朱印集め。

御朱印帳を持ち歩いてからは、ふと時間が空いた時にお寺や神社を探して参拝するのが楽しみになりました。

忙しく動いていても、空いた時間に静かな気持ちで参道を歩くと、気持ちがリセットされて、その場所のパワーを貰って元気になれます。

まだまだ仕事も忘年会も続くので、少し息抜きになった午後のひとときでした。
[PR]
by nepayoga | 2009-12-28 15:16 | yoga
<< 終わりました 太陽の道 >>