旅の記憶~高松

もう最終日。
この日は新幹線の時間もあったのであまり予定を詰めずに目的は四国に渡って讃岐うどんを食べることのみ。

四国にはフェリーを使って移動。
瀬戸内海をフェリーで1時間、とっても気持ちが良かったです。
c0161496_15282075.jpg

友人2人は、お疲れ&船から外を見るのが怖いというので、私はひとりで展望デッキでのんびり。
船も空いていて、展望デッキには家族連れと私のみ。
c0161496_15334956.jpg

見渡す限りの海と島。
天気も良くて空は青く高く広がっていて、気持ちが良かったです。
あまりに気持ちが良くって、人もいなかったので仰向けになってしばらく寝てしまいました。
心地よい船の揺れと、ぽかぽかした太陽、気持ち良い海風が最高であんな贅沢な昼寝はなかなかできませんね。

眠ってしまってあっという間に高松に到着。
レンタサイクルに乗ってうどん屋さんを探しにフラフラ。
駅前のタクシーの運転手さん達にお勧めを聞きましたが、「美味しいお店は日曜は休みだよ」と言われ、それでもやっていそうなお店を何軒か聞いて回ったのですがやっぱりお休み。

サイクリング途中に混んでいるうどんやさんを発見したので、とりあえず入ってみました。
温玉ぶっかけを頼みましたが、適当に入った割には美味しかったんじゃないかと思います。
普通に美味しかったですが、今度は車で金毘羅の方に行ってみたいのでリベンジ決定。

ゆるーい予定のため、目標も達成されて時間が余ったので、ガイドブックでちょっと気になった北浜alleyにお茶をしに行きました。
古い倉庫を改装した複合商業施設で、味のある潮焼けした壁が港の倉庫らしく雰囲気があって私好みでした。
c0161496_15561434.jpg

umieというカフェでお茶。
雰囲気があってゆっくりとした空間で、のんびりおしゃべり。
観光地を回るのではなく、こうしてただゆっくりが私的には好きな旅のスタイル。

帰りは電車に乗って瀬戸大橋を渡り、岡山から新幹線に乗って帰路に着きました。
女4人旅は楽しく、また1年に一回くらいはこういう機会をつくっていきたいです。

高校時代の友人は私の事を良く分かっているので、気を使わずにとっても心地の良い関係で旅できるのが良いですね。

帰りの新幹線は疲れて寝るかと思いましたが、なんだか話が盛り上がって笑いっぱなしであっという間に東京でした。
[PR]
by nepayoga | 2009-10-13 16:03 | 他愛のない日々
<< 今年もありがとう 旅の記憶~しまなみ海道・尾道篇 >>