神様からの贈り物

c0161496_10245392.jpg

昨日は馬車道(横浜)オフィスで遅くまで打ち合わせ。
最近訪れることの多いこのオフィスは私のお気に入り。
オフィスまでの馬車道の横浜らしいレトロな街並みも素敵で、ランドマークやみなとみらいの観覧車も見える夜景は歩いているだけで楽しいです。
オフィスが入っているのは横浜郵船ピル

このビルは、昭和11年にできた建物で、古典主義様式建築の最後期の作品といわれる貴重な建物。
構造は石造ではなく鉄筋コンクリート造ですが、古典主義様式の意匠をよくとどめている素晴らしい建造物で最大の特徴が、海岸通りに面して立つコリント式の16本の大円柱。
大きな円柱が、ギリシャの宮殿のようにそびえて並んでいるのは圧巻。
夜にはライトアップされていて、昼とはまた違った姿が浮かび上がります。

c0161496_11495325.jpgc0161496_11502171.jpg

















入り口の扉も昔ながらの大きな重い重厚感のある扉で、そこを開けて中に入ると、またまた異空間が広がっています。
昨日は雨だったのでますますライトアップと街並みが奇麗で、オフィスの古い窓から外を眺めてしばし寛いでしまいました。
開けている窓から入ってくる海風と、時折聞こえてくる船の汽笛の音が港町を感じさせてなんだかひとりほのぼの。

オフィスも母体がカーボンフリーのコンサルティング会社なので、人や自然に優しいコンセプトの会社らしく、みんな温かい人、人も置いて有るものもすべてが私を落ち着かせてくれてます。
このオフィスでボーっとするのが楽しみ、打ち合わせの前にちょっと早めに行って、せっせとみんなが働いているのをわき目にテーブルで本とか読んで珈琲とお菓子をつまむ不届き者な私。

ここでの私の仕事は、アウトドアフィットネス。
今までクラブの室内でしていたフィットネスを外(アウトドア)で楽しく、気持ち良さを味わってもらいたいそんなコンセプトで仕事をしています。
いままでアウトドアというと、日常では無く、非日常でしたが、もっと身近にアウトドアを体感して楽しんでもらいたい、そんなことから身近にできるフィットネスをアウトドアで、そこからもっと(山や海の)アウトドアの世界に広げていけたらと思っています。

このアウトドアフィットネスの立ち上げメンバーは豪華な顔ぶれ、そんな方々とお仕事できて恵まれています。
今まではその方たちの講演会を聞いたり、WSに参加したりしていたので受ける側だったのが。
一緒にお仕事だなんで嬉しい~。
実はとってもファンだった方もいるのよ(笑)

そして昨日の話で、とっても共感した言葉がタイトル。
アウトドアは、とても天候に左右されます。
アウトドアのレッスンは雨の場合、中止もしくは室内に変更に。

レッスン担当は、雨で中止になるとぽっかりと予定が空きますが。
それを雨で中止なんて予定が読めなくて嫌だと思う人もいると思いますし、せっかく開けていたスケジュールがと思う人もいると思います。

でもやっぱり、アウトドアに精通した自然を愛する人たち。
忙しい毎日に、雨は神様がくれた休養というプレゼントだと思って。。。と。

そんな考え方に私は凄く共感。
一緒に仕事で来て幸せだと本当に思います。

本日レッスンが二本はいっていましたが雨でオフになりました。
なので、今日は神様がくれたプレゼントの一日。

ちょうど、週末に向けて一休みしたかったので有りがたいです。
天気がいいと、家にいても、家事をしたり、散歩に行ったり結局動いてしまいますが、雨だとそれらが出来ないので本当に家でゆっくりできます。
今日は久しぶりにDVDでもみてのんびりしましょう。
[PR]
by nepayoga | 2009-10-06 11:17 | ひとりごと
<< 台風に備えて 劣化したゴム >>